11月27日(火) ハーブワークショップ・ほんのり色づく紫根リップクリーム作りワークショップ

オーガニックをこよなく愛し
ハーブを育て
チンキを仕込み
石鹸に仕立てる
「merci!」さんの石鹸は、知る人ぞ知る、一度使ったら愛用してしまうものです。
はちみつ色の石鹸は、とてもきめ細かな泡立ちで、自家製チンキ入りで植物の力がぎゅっと詰まっています。
宇宙を知ることを石鹸づくりにも生かし
パンケーキを焼くように自家製スキンクリームを仕込む
そんな「merci!」のMichikoさんが、自分を愛するために完成させたレシピで、ご自愛オーガニックコスメを紹介してくれます。
まずは紫根エキスをオイルに抽出して作った、ほんのり色づくリップクリームのworkshop。
空気が乾いていくこの時期に、唇を潤しましょう♫

↓↓ merci!のMichikoさんより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「本当の自分と出逢うスキンケア」
本当の自分って何でしょう。
いまのあなたは、人間らしく、自分らしく、地球と、自然と、調和していますか。
女性として輝いていますか。
私たち女性は、毎日、お肌のお手入れをしますね。
それは裸の自分と向き合う、たいせつな時間。
もっと欲張ってスキンケアの時間を有効活用しませんか。
このworkshopでは、
自らを内側から輝かせるきっかけとなるコスメを
昔から伝えられている民間療法や養生法の知識をベースに製作します。
どのクラフトにも、鉱物、植物、動物の3つの要素を盛り込みます。
鉱物から、土をとおして形成された変容と癒しの力を
植物から、水をとおして育まれた緑の力を
動物から、熱のある生命力を
それぞれ、人間存在として受け取ってみてください。
地球を、そこに息づく人間以外の存在を、より身近に感じられたら、あなたの宇宙が回り始めます。
美しい緑の星に生まれた私たち。
ここでの在り方。  
何をまとい、何を食べ、どんな場所で、だれと眠るのか。
本来の自分の目で選んでいく。
そんなことを、メディカルハーブ、アロマテラピー、自然療法、養生料理、アントロポロジー、スピリチュアルな鉱物のことも交えつつ、皆さまと語り合い、学びあえたら、と考えています。
*************************  
第一回目のテーマは、
「自分の中の女性性と出逢う。」
ほんのりピンクに色づくリップクリームを製作します。
ツヤツヤに潤った血色の良い唇は、女性性の象徴。
そのことを、一日に何度も実感していただきたくて、プランしました。
メインの材料として、紫根エキスを8週間抽出したインフューズドオイルを用意しました。
更に、美肌に良い鉱物(満月浄化)の波動を、インフューズドオイルに転写してあります。
また、この季節は湿度が下がり、粘膜が乾燥しはじめます。
粘膜とは本来、水分をたっぷり含んでつややかにふっくらピンク色である部位。
そこが乾燥するというのは、生物的なエネルギーが下がった状態ともいえます。
日々、リップクリームで唇につやと潤いを補う度に、鉱物・植物・動物のサポートを得つつ、ご自分の中の女性性を引き出しましょう。
そして、女性として生を受けたことを改めて感謝し、本来の生命力を口元に明るく輝かせましょう!

【日程】
2018年11月27日(火)
午前の部10:00~11:30 
午後の部13: 30~15:00
【会場】
イベント・レンタルスペース Polaaris
東京都八王子市並木町28ー1 中央義塾ビル2F 202
【参加費】
4,000円
※リップクリームを2本お持ち帰りいただけます。
※高熱を発する機器を使いますので、安全のため、お子様の同伴はご遠慮ください。
【問合せ・お申込み】
件名 リップクリームworkshop
名前・電話番号を添えて以下のアドレス宛に、メールにてお申し込みください。
Polaaris
09062862501
polaaris202@gmail.com
*************************    
講師紹介:小泉美智子(こいずみみちこ)
幼少時よりポプリや化粧品に興味を持ち、独学で作り始める。
高校時代の豪州生活で、魔女の仕事だと思っていた植物療法が現代も行われていることを知る。
バブル絶頂期に大学生活を謳歌した後、自然派化粧品会社での商品企画業務を通して、女性の様々なお悩みを知るが、地球も子宮も全く意識しないで暮らす。
結婚出産を経て、子どもの重篤なアレルギーと自身の自己免疫疾患と向き合う中で、再び、自然とのつながりを取り戻す方向へと、大きく舵を切る。
その後、アロマテラピー、養生料理、各種自然療法、アントロポロジー、メディカルハーブ、スピリチュアルな鉱物 の世界などとの出会いと学びを繰り返しつつ、2010年より、その途中経過を周囲へ伝える活動を開始。
趣味は、陶芸、ダイビング、石けんづくり。

0コメント

  • 1000 / 1000