11月10日(土) 血の養生のお話〜少女から大人へ「初潮と思春期の養生」

血の養生のお話会 3部作

女性の一生と養生のお話会です。

女性として生を受けた命を活かし生きるために、更年期・初潮と思春期・産前産後にわけ、命を養い生きることについてお話します。


体や月経からのメッセージを受け取って、食べ物や日々の過ごし方で血や氣を補い、女性の身体を健やかに整える知恵を繋いでいきましょう。

各地で養生のクラスを開催されている、小鮒農園の小鮒千文さんを講師にお迎えします。

中医学をベースにした、日本に暮らす私たちのための養生のお話です。

小鮒農園
http://kobuna-farm.com/

〜 少女から大人へ「初潮と思春期の養生」 〜
(フリーマーケットを同時開催)

***
爽やかに思春期に寄り添う
「ハーブの養生茶」の試飲、おやつ付き

11月10日(土)
午前の部 10:00〜11:45
午後の部 14:00〜15:45
※午前午後同じ内容です

((主な内容))
+養生の話
+体質チェック
+質問シェアタイム
+各世代の女性に合わせた養生茶

【参加費】
3500円
高校生までのお子さん 2000円
【場所】
西八王子 イベント/レンタルスペース
Polaaris
https://polaaris.storeinfo.jp/
https://ameblo.jp/polaaris /

【お申込み・問合せ】
Polaaris
polaaris202@gmail.com
件名に「養生のお話会」と入れ、お名前・電話番号をお書き添えの上、メールにてお申込みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3回シリーズです♫
●11月25日(アンコール&リクエスト開催)
10:00〜11:45 「初潮と思春期の養生」
14:00〜15:45「更年期の養生」
ハーブ養生茶、花の養生茶付き
【参加費】
3500円
高校生までのお子さん 2000円

●12/4(火) 
わたしと新たな命を育むために
「産前産後の養生」
(リトルイーグル秋冬衣展とコラボ開催)
***小さないのちとわたしのための
「いのちの養生茶」試飲、おやつ付き
【参加費】
3500円

((主な内容))
+養生の話
+体質チェック
+質問シェアタイム
+各世代の女性に合わせた養生茶

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座が近くなったので、講師の小鮒 千文さんと、講座の打ち合わせをしていました。

千文さんとは、昔からの友人のように氣があうので、あれやこれや話は講座の内容にとどまらず、いつも長話をしてしまします。

二人でいつも話すのは、

養生のお話では、知識や知恵をお伝えしているのですが、

人の持つ力はそこ(知識)を遥かに超えていくもの

ということ。

千文さんの口癖で

「命の舵を自分で握る」

という言葉があるのですが、それもこの、「人の持つ力ははかりしれない」ということをお伝えしたくて、出てくるメッセージなのです。


そういうことが大前提でお伝えしたいよね。

知識で人を縛り付けるための講座にしたくないね。

っていうことを、私たち二人が密かに熱く想っているのです。

☆☆☆

講座の内容は、「更年期の養生」「初潮と思春期の養生」「産前産後の養生」の3つを考えた時に打ち合わせして決めたのですが、

今度の「初潮と思春期の養生」に、何かもっとガツンとスパイスを効かせたい〜。

って思い、千文さんと話しました。

思春期の身体は、伸びやかに育ちたいものだそうです。

抑圧や制圧が、大人が思っている以上にストレスになるそうなのです。

ですが、自分たちの時を振り返っても、その頃は一番大人とぶつかり、また大人もどう接していいか悩む時期なのかな、と。

そこで、千文さんにお願いして、伸びやかに生きたいエネルギーを流して、体の働きを良くする(詳しくは講座でお伝えしますね)、「養生スープ」を作ってきていただくことになりました。

朝の簡単な食事
家に帰ってきた時のほっとしたひと時
夜更かしして小腹が空いた時

何かしてあげたい気持ちはスープに込めて
子どもの成長を見守る

「子どもと親のためのスープ」

簡単で作り置きできるものですので、楽しみにしていてくださいね。

当日、ご試食いただけるように、千文さんが栃木からはこんできてくれます!

※写真のスープは千文さんが作った別のスープです。

まだお席はありますので、ぜひ、ご参加をお待ちしています。
講師プロフィール

小鮒千文
野菜料理研究家/国際中医薬膳師
病をきっかけに東洋医学や食事法を学ぶ。
震災後、外房にて農園経営や古民家カフェを立ち上げ、インターナショナルスクールでのベジタリアン給食づくりを経て、2015年栃木県那珂川町に移住。夫婦で小鮒農園を開く。
女性が健やかで喜びの中で生きるための、血の養生のお話会を各地で開催している。

0コメント

  • 1000 / 1000