∀KIKO Exbhitionー屋久島からのサポートー

今月のPolaarisはイベントが目白押しです。
秋はイベントがとても多いですね。


随分前から決まっていた、エキシビジョンが今月末にPolaarisで開催されます。

以前、高尾に住んでいて、今は上野原在住の絵描き、∀KIKOの絵のエキシビジョンです。



∀KIKO HP

彼女と知り合ったのは、息子がまだ1歳半くらいの時です。
今から11年くらい前に高尾に越して来て、友人を通じて知り合ったのでした。

彼女の絵の世界にすぐに魅了され、小さな息子を連れては、彼女のエキシビジョンにあちこち出かけていました。


クリスタルが風景の中に描かれた絵ばかりで、絵の前には本物のクリスタルのストーンが展示されているエキシビジョン。
絶滅危惧種レッドデータアニマルの絵のエキシビジョン。


彼女の故郷の北海道・余市の風景が元になったものや、彼女の愛犬ノチュの絵、宇宙を感じさせるものだったり、日本の風景や、私の好きなマザーツリーの絵。


自然への愛おしさ、畏敬の気持ち、奇跡のようなものへの信愛が湧いてきます。

なぜか絵の前で涙が出て来てしまう時もありました。

なぜでしょう。

わたしが歩いてくる道に必要な涙だったのでしょうね。

彼女の絵を通して、わたしの自然の中での過ごし方も変わっていったようにも感じます。
自然の風景の中に溶け込んでゆらゆらと遊ぶような感覚。
自分も、自然の一部なんだということを思い出す感覚。



一年前、Polaarisが始まった時、友人が一番に場所を借りてくれました。

そのうちの一人が∀KIKOでした。



実は今回のエキシビジョンを計画している時に、∀KIKOのパートナーのNobuyaが急逝するという、私たちにとっては大きな、信じられないことが起こりました。

私たち仲間にとっても、彼は大きな存在で、それはとても大きなことでした。

∀KIKOの意思で、今回のエキシビジョンは、仲間たちのサポートを得てできることになりました。

その流れの中に、Nobuyaの愛をそこここに感じながら進んでいます。

これは私の勝手な想像なのですが、これから∀KIKOの絵の放つエネルギーは、今までも彼女とともに変化していったように、どんどん変わっていくのではないかと思うのです。
彼女の絵の前で流す涙の質が変わっていくような予感がしています。

見る人の気持ちに寄り添いながらも、光が溢れる世界にそっと導くような。
そんな風に勝手に感じています。

みなさんはどんな風に感じられるのでしょう。

1人でも多く今回のエキシビジョンに訪れて一緒に感じてくれる仲間が増えると楽しいな、と思います。

屋久島の友人、∀KIKOとNobuyaの親友である、「森の旅人」KentaとNaoも、サポートに駆けつけてくれます。

なので、大人気の二人の「屋久島の木+αを磨くワークショップ」を∀KIKOのエキシビジョン中10/25(水)に絵の展示の中で開催することにもなりました。


次の日の26日(木)は、お隣、藤野のオーガニックレストランArt&Greenにて開催します。
ここは県立施設の芸術の家の中のレストランで、芝生の広場が広がっています。
会場のレストランを飛び出して青空の下で磨くのもいいですね。

Polaarisをオープンする前から毎年開催している「森の旅人」のワークショップ。

約3時間、ずっと木や鯨牙や夜光貝を磨き続けます。

自然素材を輝かせる、「磨く」というワークショップもとても良い時間なのですが、KentaとNaoの二人の魅力・屋久島パワーに、毎年会いたくなる人がたくさんいるのです。

わたしも、いつも2人と会うとガハガハ笑いっぱなしです🤣

屋久島「森の旅人」のKentaとNao
3時間
10段階のヤスリを一心にかけ、自然のエネルギーを輝かせていく時間。

素材の角が取れて自らが輝き出す。

その時間、磨き手の魂も洗われて、埃が落ちていく。

磨いたものを身につけておくと、いつでもその魂が洗われた時に戻ります。

何よりも、屋久島の自然から「森の旅人」を通じて届く素材。
この2人のナビゲート。
屋久島のエネルギー。

2人に会いたくて、毎年参加してくれる方が沢山いらっしゃいます。

ぜひぜひ!
ご予約をお待ちしています。


また、エキシビジョンの期間中、「Artshow」というパフォーマンスも、今回は2回行います。

ミュージシャンのライブと、∀KIKOとNobuyaのユニット「ArtGypsy」の絵とポエトリーリーディングのコラボレーションの時間です。


21日(土)はキールタンなどで活躍されているハートフルボイスの堀田義樹さん。



29日(日)は渋さ知らズなどにも参加されていたギタリスト大塚寛之さんをお迎えしての、Artshowです。

どちらもまだお席に余裕があります。
ご予約をお待ちしています。
美しい紅葉が始まりかけた高尾に、お出かけください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017/10/20(金)ー29(日)
13:00-19:00
(25,26日休み)

ARTGYPSY TOUR 2017
∀kiko EXHIBITION SUPER PEACE Vol.3
-REAL-

「いのち」を根源に絵を描き続けてきました。
「SUPER PEACE」というタイトルは「人間にとって真の平和とは何なのか?」
という私達ARTGYPSYの問いから生まれたものです。
2015年「FANTASY」
2016年「MEMORY」
そして2017年のテーマは「REAL」
「SUPER PEACE」三部作の最終章です。
「SUPER PEACE」という絵を描き終えたのちに腱鞘炎になり2年描けなかった手が癒えた喜び。
再び描けたことにただ感謝しながら自然に生まれてきた新作の発表です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

場所
Polaaris
https://polaaris.storeinfo.jp/
東京都並木町28ー1 中央義塾ビル2F 202号
甲州街道沿いの水色のビル
ARTGYPSYのポエトリーリーディングとゲストミュージシャンによるライブで創り上げる時間、「ARTSHOW」を期間中2回開催します。
●10/21(土) 16:00〜
ゲストミュージシャン
堀田義樹
入場料 2500円+1drink

●10/29(日)16:00〜
ゲストミュージシャン
大塚寛之
入場料 2500円+1drink

★予約・問合せ
Polaaris 石井さちよ
polaaris202@gmail.com
09062862501
件名に「アートショウ」とお書きください。
電話番号を明記の上お申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
∀KIKO プロフィール
北海道余市町生まれ。1997 年東京表参道の路上からアーティストとしての人生がはじまる。 1999 年より縁あって国宝である真言密教の寺、高幡不動尊金剛寺で毎月第三日曜日に 開催される骨董市「ござれ市」に唯一のアーティストとして参加。以来アートを通じて あらゆる世代の人々との交流を重ね、現在に至っている 2000 年からの 4 年間は 自身のギャラリー「nociw-ARTSPIRIT-」をオープンする機会に恵まれ、 クローズ後は「いのち」をテーマに自然のエネルギーを紡ぎ続ける絵描き、詩人として 大好きな森のそばにアトリエを構えアートワークをライフワークとしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ART GYPSYプロフィール
絵描きで詩人の∀KIKOとパートナーである NOBUYA のアートユニット。 「いのち」をテーマに∀KIKOの個展会場や様々な空間の中で、∀KIKOの絵の映像インスタレーション、ポエトリーリーディングを行い、訪れた土地に生きる表現者達とともに「何かを創る」そんなコラボレーションを 「ARTGYPSY ARTSHOW」と称し地球上で旅を続けている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

堀田義樹 プロフィール
堀田義樹 Yoshiki Horita:
歌手/声と呼吸の研究家/自然愛好家
札幌出身。1998年、ボーカリストとしてビクターエンタテインメントよりデビュー。2004年に独立後はiMAGINATIONS名義でのソロ活動の他、発声法・呼吸法の指導でも注目を集め、人気音楽誌SOUND DESIGNERではボーカルレッスンの連載を4年半の長期に渡り執筆。
2009年、交通事故後の不調に悩む中、グローバルボーカリスト/サウンドヒーラーGina Sala氏との奇跡的な出会いから、バクティ・ヨガ(献身のヨガ)の行為のひとつで"歌うヨガ"とも呼ばれるキルタンの実践を始める。その後、心身の回復に大きな喜びと気づきを得て、たびたびインドへ渡り学びを深めながら、日本全国でキルタンをシェア。ヨガスタジオ、ヨガティーチャーとのコラボレーションも積極的に行なっている。
旅、自然を愛し、多くの聖地やパワースポットでのライブや、ワーク/リトリートなどで講師、ナビゲーターも務めている。東京都中央区で声と呼吸を学ぶためのスタジオ、Morning Lights Voice Therapyを主宰。歌手、俳優といった声を仕事にする人だけではなく、講演家、起業家、ヨガ、スポーツインストラクター、ヒーラーなど、幅広い受講者が訪れている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大塚寛之プロフィール

Fender stratocaster と共に約30年。
真のFuzz sound を追求。
1998年10月 恵比寿MILKにて初ソロライブ。
以降、日本各地でコンスタントにソロ活動を展開。
2009年 ソロヨーロッパツアー。
2011年 Word is out より1stソロアルバムWelcome Home 発売。
震災後 メキシコ チアパス州を中心に活動。
2015年 USAカリフォルニア州でバスキング。
2016年〜現在 関東中心に演奏。







Polaaris

イベント/レンタルスペースPolaaris

0コメント

  • 1000 / 1000